子供のおもちゃを買うメリット・デメリット

子供のおもちゃは買うことが当たり前でした。しかし、買うのにはメリットとデメリットがあります。

 

子供のおもちゃを買うメリット

 

○ずっと遊ばせられる

 

○最初の支払いだけで終わる

 

○壊しても問題ない

 

○思い出として残せる

 

○ずっと遊ばせられる

子供のおもちゃは買ってしまえばずっと遊ばせられるというメリットがあります。返却などがないためにいつまでも遊ばせられるのです。

 

子供が気に入ってくれると長期間遊んでくれることはありえます。

 

○最初の支払いだけで終わる

支払うのは最初に買うときだけです。毎月支払う必要などはないでしょう。

 

○壊しても問題ない

壊しても問題がないというのもメリットかもしれません。買ってしまえば気を使って遊ぶ必要がないです。

 

○思い出として残せる

思い出として残るというメリットもあります。あの頃に遊んだおもちゃとしてずっと残しておけます。

 

子供が大きくなったときに好きだったおもちゃとして、思い出を語ることができるでしょう。

 

子供のおもちゃを買うデメリット

○買うのに時間がかかる

 

○経済的に負担になる

 

○おもちゃがどんどん溜まっていく

 

○飽きても交換されることはない

 

○子供が遊ばない可能性がある

 

○買うのに時間がかかる

パパ・ママの時間を割く必要があることはデメリットでしょう。

 

子供が勝手に買えるわけではないため、両親が買いに行かなければなりません。忙しい親だとなかなか時間が作れないのです。

 

パパは仕事、ママは子育てと役割分担をしていると、時間を作るのは難しいことも多いです。

 

二人揃って買いに行ければいいですが、できない人たちもいます。

 

○経済的に負担になる

良いものを買おうとすると経済的な負担になることが多いです。

 

ブランド品などは子供が喜ぶ可能性が高いですが、なかなか買い続ける難しいかもしれません。

 

ただ、経済的な負担は買う量を調整することで軽くすることができます。

 

しかし、おもちゃを減らすと子供が一人遊びをする時間が減るという問題もは発生します。

 

一人遊びで学ぶことがあるために学習の場を奪う可能性があるのです。

 

○おもちゃがどんどん溜まっていく

部屋が片付けられなくなることもデメリットでしょう。おもちゃを買っているとどんどん溜まっていきます。

 

きれいに整理整頓しているつもりでも限界がどこかでくるのです。

 

押し入れなどに詰め込んだとしても入りきらなくなるでしょう。

 

溜まったおもちゃを処分しない限りきれいな部屋を保ち続けるのは難しいです。

 

○飽きても交換されることはない

おもちゃは買ってしまうと、飽きても交換されることはありません。飽きたらおもちゃが使われなくなるだけです。

 

飽きるまでに時間がかからないのが子供です。すぐに飽きてしまう可能性もあるでしょう。

 

そうなったら新しいおもちゃを探す必要が出てきます。

 

○子供が遊ばない可能性がある

おもちゃを買っても全く遊ばないこともありえます。買うおもちゃは両親の好みによって決まります。

 

子供が遊ぶかを試せるわけではないので、遊ばない可能性もあるのです。

 

遊ばなかったらそのまま使われないことになります。

 

試さないで買うと、子供が気に入るかは賭けの部分があるでしょう。